世界遺産奉納コンサート全世界生配信・撮影CREWで参加【2019.06.29(sat)&07.28(sun)】

「響」×「娯」 〜海に祈る世界遺産奉納コンサート THE SOUNDS OF JAPAN〜

 

「響き」= AUN J CLASSIC ORCHESTRA

これまでモン・サン=ミシェル、アンコール・ワットなど数々の世界遺産をバックに、独自の音楽を発信してきた和楽器ユニット“AUN J CLASSIC ORCHESTRA”。

「娯(たの)しさ」= H ZETTRIO

そしてテクニカルなピアノとキレのあるリズムセクションによる唯一無二のグルーヴで老若男女問わず、楽しませ続けている“笑って踊れる”ピアノトリオ“H ZETTRIO”。

2019年6月29日(土曜日)と7月28日(日曜日)の2日間、この2組が、2つの世界遺産で前代未聞とも言えるLIVEを繰り広げます。

豊かな漁場として知られる福岡の玄界灘に面し、日本と朝鮮半島の文化をつないできた「宗像大社」。近年では「宗像国際環境100人会議」を開催、環境保全活動にも取り組んでいます。そして、古都・奈良の世界遺産「金峯山寺蔵王堂」。古来より数々の歌に詠まれてきた日本屈指の桜の名所、吉野山に位置します。

雄大な自然に包まれる日本の世界遺産を会場にした理由について、“AUN J CLASSIC ORCHESTRA”は「人間は、豊かな自然との共存によってのみ新しいものを生みだし、次なる歴史を紡いでいくことができる」というメッセージを伝えたかったからといいます。

パートナーとして抜擢された“H ZETTRIO”は、これまでもモントルー・ジャズ・フェスティバル(スイス)やフジロックフェスティバル(日本)等の国内外の大型フェスは経験していますが、今回のまた違ったアプローチのライブに期待が高まっています。近年では「日本の名曲を次世代に継承すること」をテーマに、番組「 SPEED MUSIC – ソクドノオンガク」を立ち上げ、毎週斬新なアレンジのカバー曲を披露し続けていることも参加理由のひとつとなってます。

本コンサートは、会場が世界遺産ということもあり、入場者数も限られ、即ソールドアウトが予想されます。この模様をさらに多くの人に届けるため、日本最大級の訪日外国人向けポータルサイト「MATCHA」にて全世界へ向けてライブ配信を行います。

日本の「響き」を世界に奏でる“AUN J CLASSIC ORCHESTRA”と、笑って踊れる新しい形のジャズで、音楽の「娯(たの)しさ」を発信する“H ZETTRIO”。2つの世界遺産を背景に開催されるスペシャルセッションをお見逃しなく。

イベント、及び生配信の詳細は以下のサイトでご覧ください!
http://mp2f-m-env.ap-northeast-1.elasticbeanstalk.com/jp/the-sound-of-japan?preview=true&token=953df753a1cab43bc9de772119453c0d